住宅ローンの延滞で、自己破産は認められるか

自己破産後の住宅ローン

認められないケースも

メインイメージ

住宅ローンの延滞で、自己破産は認められるか

住宅ローンが払えない、そのほかにも金銭面で大変な状況がある。

いっそ自己破産手続きをと思っている人も少なくないこの頃ですが、これは最終手段。

デメリット面を冷静に考えてから、行動を起こしましょう。

また弁護士などに払う費用も必要となるので、簡単に手続ができるわけではありません。

住宅ローンが原因で自己破産に追い込まれそうなら、まず最初に、借入先に連絡を取りましょう。

こちらの状況を説明し、どうにか返済していきたいという話し合いをして、借入条件や返済条件を変更できないか交渉します。

また、身近な親戚や親に、援助してもらえないか聞いて、少しでも繰り上げ返済して、返済額を減らしていくことも必要です。

不動産は、保持していくことが難しいなら売却して、借金返済にあてていきます。

会社に民事再生法の適用申請を頼みます。

個人版民事再生というものがあります。

これらのすべてを試しても、まだ不可能な額の借金が残っているのなら、自己破産の手続きを取るということになります。「手続きやその他のことも知りたい人へ⇒自己破産 住宅ローン

通常の住宅ローン以外にも借金がある場合などでしょうが、その際にも、30万円から50万円程度の弁護士費用が必要です。

住宅ローンの支払いができないから、自己破産手続きをとるといっても、認められないケースも多いものです。

無駄な費用をかけるだけの結果にもなりかねません。

自己破産後の住宅ローン Copyright (C) biglink.biz. All Rights Reserved.